東京五輪2020開会式の最終聖火ランナー、聖火台点灯に冨田勲「日の出/Rise of The Planet9」が使用されました

NEWS

東京2020オリンピック開会式の最終聖火ランナー、聖火台点火のBGMに冨田勲作曲「日の出/Rise of The Planet9」が使用されました

2010年に探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」への探査と60億kmの旅を終えて地球に帰還しました。
「はやぶさ」の孤独な宇宙の旅、そして様々な困難を乗り越えて人々に希望を与えたこのプロジェクトに冨田勲は感銘を受け「イトカワとはやぶさ」の楽曲は誕生しました。
そしてこの楽曲を収録したアルバム「惑星/PLANETS ULTIMATE EDITION」は、冨田と親交があり尊敬してやまなかった「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」糸川英夫博士を偲び、捧げられました。
 
 冨田勲の「イトカワとはやぶさ」は、後に冨田自身の手によって「日の出/Rising Sun」として改編され2013年にフリーライブイベント「FREE DOMMUNE 0【ZERO】」にて披露されました。トランペットとして本間千也氏が演奏に加わった「日の出/Rising Sun」に冨田は「希望」の想いを込めました。

 今回、東京2020オリンピックにて使用された楽曲は、冨田勲がシンセサイザーによって作曲・制作した「イトカワとはやぶさ」「日の出/Rising Sun」を元に没後オーケストラに編曲された「日の出/Rise of The Planet9 【by Dr.Coppelius(2016)】作曲:冨田勲、編曲:津田賢吾」です。
この楽曲には、
信じた未来へ挑み続けてきた音楽家・冨田勲の「明日への希望」「未来の子供たち」への想いと精神が込められています。

 冨田勲が生涯をかけて描き続けてきた音宇宙ともいえる「トミタサウンド」の素晴らしい楽曲の数々に少しでも多くの方々が想いを寄せて楽しんで頂けることを願っています。



冨田勲 DENONベスト作品集「RISING PLANET」21日より配信スタートのNEWSはこちらから

7月21日よりSpotifyやAppleMusicなどの主要なストリーミングプラットフォームにて配信スタート

https://lnk.to/isao_tomita_RisingPlanet?fbclid=IwAR2oro7jyOoDNHIoY7B4j25o_tdK1n6z5jqoT0CfCIcTy9eoOGRnZporFPU









SNSでシェア

btn_twitter btn_facebook btn_line